Wine ワイン販売事業

Rio Vista Vineyardは、カリフォルニア州サンタ・バーバラ郡 サンタ・リア・ヒルズの東の端にある、Thorneファミリー所有のブドウ農園です。
Sta. Rita Hillsは、小規模ながらもブドウ栽培に非常に適した場所として認められ、以前から、ワイン愛好家に注目されています。

Thorneファミリーは2000年から、26エーカーの土地でPinotNoir(ピノノワール)種のブドウの栽培を始めましたが、そのブドウはすぐに地域のワイン生産者に知られるところとなりました。
Brewer-Clifton,Drew,など高い評価を受けているワイン生産者よりブドウ栽培を依頼されており、そのワイン生産者のワインにはThorneのブドウ園名Rio Vista Vineyardが記載されているものが多数あります。
さらに、2006年には追加で38エーカーの土地にブドウ栽培を始め、現在も多くのワイン生産者にブドウ栽培を委託されています。

当初は、ブドウの栽培だけ行っていましたが、2005年よりThorneブランドのワインの生産を始め、最初のThorneワインが2007年10月に出荷されました。正に、ブドウ生産者が自ら栽培から醸造まで仕込んだワインです。

生産されるワインはPinotNoir1種類、毎年数百ケースのみ(最多でも800ケース)の少量生産です。現在は、米国のみの販売で、日本には個人輸入以外されたことがない希少なワインです。
明るいルビー色をし、フルーツのアロマ、チェリーとラズベリーがほのかに香るしっかりした味わいで、ソフトな余韻を楽しめます。
タイプ 赤 ミディアム
原産地A.V.A カリフォルニア サンタ・バーバラ郡
サンタ・リタ・ヒルズ
葡萄品種 ピノ・ノワール
アルコール度数 14.8%